美容専門の皮膚科

顔に触れる女性

皮膚だけに特化している

今までは皮膚の病気を診てもらう場所は皮膚科という診療科でしたが、最近では美容皮膚科という診療科が増えています。どちらも皮膚科という名前がついていますが、診療の内容には少し違いがあります。皮膚科は多くの人が受診した経験がある場所で、皮膚の病気を治すことを専門にしています。健康を害するような皮膚の病気に対して、薬を使って治療を行います。薬以外にも洗浄をしたり、消毒をしたりするなど色々な方法で、皮膚の病気を治します。このように皮膚科の治療の目的は病気を治すことです。これに対して美容皮膚科は、皮膚を美しくすることが目的です。たとえ、病気は治ったとしても、皮膚に傷がついたままになっていることがよくあります。例えばニキビの治療をする時には、酷い傷みがあるニキビに対して皮膚科で治療を行うと、炎症がおさまってニキビが治れば治療は終了です。ニキビ跡を綺麗にすることまではしません。美容皮膚科の場合には、ニキビを治すだけでなく、その後の肌の状態が美しくなるまでが治療対象です。たとえ、ニキビが治っても、ニキビ跡が気になる時には治療が行えます。治療で特徴的なことは、きちんとしたエビデンスに基づいた治療を行うということです。美容皮膚科の医師は専門的な知識もありますし、治療法はどれも科学的な証明が出ているものばかりになります。取り扱っている化粧品なども、しっかりとした研究がされているものばかりなので、市販品とは違ったものになります。美容皮膚科では全身の悩みに対して施術を行えるので、色々な部位の皮膚治療ができます。美容皮膚科と混同されやすいものに美容外科があります。どちらも名前に美容がついているので、美しくなるために利用するという意味では同じです。違いとしては美容皮膚科は美肌に特化した専門家だということです。美容外科は美しくなるために手術をするなど美容治療全般を行う場所です。美容皮膚科の場合には必要があれば外科的な処置をすることもありますが、メインは美肌を作ることです。そのため、皮膚に対してのスペシャリストで、皮膚の細かな構造や役割などの知識が豊富にあります。美容外科でも皮膚の悩みに対応しているところがありますが、美容に関する治療をたくさん扱っているので、最新の皮膚科治療を取り入れていないところもあります。美容皮膚科は皮膚の治療だけを行っているということで、最新の皮膚治療を数多く取り扱っています。今は医療の分野の発展が早く次々と新しい治療法がでるので、皮膚に関する治療法だけでも、数多くの治療法があります。それらを数多く取りそろえているのが大きな特徴です。ひとつの問題に対して色々な治療方法を提案できるというところも強みでしょう。他の部位の治療も同時に行いたいのであれば美容外科のほうが便利に感じることがあるかもしれませんが、皮膚の美しさを目指すのであれば美容皮膚科をおすすめします。普通の皮膚科では解決しなかった問題に対しても治療が行えることもありますし、普段の肌トラブルの解消もできます。皮膚科のように何かの病気がなくても利用できるというところも大きな違いで、誰でも利用できます。

Copyright© 2018 美容皮膚科の治療内容【肌の悩みを解決することが出来る】 All Rights Reserved.